主に日常の事を晒すのです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4712235139-Latitudes and Longitudes-

e96b46020e.jpg


こんな曲目です



1. Intro
2. Recognize The Flav
3. Interlude One
4. Fall Asleep To A Just Tune
5. Interlude Two
6. It Like…
7. Tortilla Soup
8. Juice It Up
9. Interlude Three
10. Nick Johnson
11. Interlude Four
12. Tic Talk
13. Break Cafe [Well-Done Steak & Shandygaff Mix]
14. Interlude Five
15. Lonely Tramp
16. Wizdumb [Outro]


しかしタイトルが長げぇV.Aアルバムなんですが

感想を先に言ってしまえば、

値段もお手ごろだし、良いって言うのが妥当だと思います。

でも何だろう????

少し聞いただけでは中毒性は薄い気がするんですよねぇ これ

ただやっぱり聴き続けるとジワジワ来るんですよねー、

音を流しながら作業するときなんかには、持ってこいですね。

hiphop よりも、よりjazzyな音が強いですね。

耳に良い音っていうんですかねぇ??心地よく聞くことができると思いますよ。 

アルバムも一貫してjazzyなんで一言で『オサレ』ですよ

買って損はまずないっていうレベルです




ちなみにこの人たち何者って

シアトル在住のSO-CALLEDMUSICION、日本在住のDJ T-BoneSteak、DJ Karo、

サンディエゴ在住のDJ LARGEによるコンピレーションアルバム。

ラウンジよりな音楽と、フロア向きな音楽をこの1枚に収めた。

っていう商品紹介でした!!

しかぁーーーーーーし

音が見つけられないよ

8.曲目の Juice It Upはここで聞けたからお試しあれ。

           Juice It Up








スポンサーサイト

Satisfaction ~ INO hidefumi


31.jpg

こんな曲目です

01 Spartacus
02 What Are You Doing The Rest Of Your Life
03 Why Are We At War
04 Billie Jean
05 Behind The Rainbow
06 Midnight At The Oasis
07 Love Theme From Spartacus #Piano
08 Madsummer Reminiscence
09 Solid Foundation
10 Just The Two Of Us
11 Soshu-Yakyoku
12 Never Can Say Goodbye


当然1曲目 Spartacus  から最近風に言うとヤヴァイ

どストライクすぎてニコついちゃいますよ。

熱すぎますよ兄さん




そして締めの12曲目 Never Can Say Goodbye



もうこれだけ聴いたらだけでヨダレが出ちゃいます




このアルバムで取り上げられている曲のオリジナル同曲の他カバー

ってのがありましたので下記はメモとして!!!

1曲目「Spartacus 」は
Yusef Lateef / Eastern Soundsカバー 
ルーティン・ジャズ(8) DJ小林径氏編集、コンピレーションにも収録(8)
Nujabes / Metaphorical Music Nujabesの元ネタ




2曲目「What Are You Doing The Rest Of Your Life」は
Le Cinéma de Michel Legrand 『The Happy Ending』の主題歌 


4曲目「Billie Jean」は  
マイケル・ジャクソン / スリラー


6曲目「Midnight At The Oasis」
マリア・マルダー / オールド・タイム・レディ
アン・サリー / ヴォヤージュ


10曲目「Just The Two Of Us 」は
グローヴァー・ワシントンJr. / ラヴ・ソングス のヒット曲。カバー多数。
Bill Withers / Lean on Me-Best of Bill Withers


ラストの「Never Can Say Goodbye」は
ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ジャクソン5/ジャクソンズ
永遠の名曲、数えきれないほどのカバーが存在すると思います。



上記の説明の詳しくはこちらのサイトにありました。
Ino Hidefumi / Satisfaction
とても参考になり重宝しますね



Jazzin’ for Ghibli
51A31ClVoy.jpg

皆さんご存知のジブリ作品の曲を

JAZZ風?(ってかヒップホップですねこれ) にしてアレンジしたアルバムです。

こんな曲目です

1. あの夏へ/sal
2. 君を乗せて/sal
3. アシタカとサン/DJ Davi
4. 「風の谷のナウシカ」~オープニング~/DJ RYU
5. 風の通り道/novo tempo
6. 海の見える街/KGO
7. テルーの唄/sal
8. ナウシカレクイエム/nack
9. マルコとジーナ/sal
10. 人生のメリーゴーランド/KGO

僕の好きなのは当然 2. 君を乗せて/sal そうラピュタの曲ですよ


お馴染みのフレーズをメロウ魅惑的にインストルルメンタルにした全10曲

ジャケットは伏臣武サンというイラストレーターの方が書いているのですが、

ちょーカッコ良くないですか

ちなみにこちらアナログ盤(レコードの事です)市場では無茶苦茶ヒットしていました

その頃に聴いたオムニパスCDにこのジブリ曲が入っていて

一目惚れならぬ、一聴惚れし、その頃この音源を探し回ったんです

実際"ジブリ・ネタ"なんて絶対ヤバイじゃん卑怯です


聴いたらスゴイッす、こいつわ尋常じゃないっす

こいつも2枚目?ベストが出てたよ・・・

こいつも買わなきゃ俺


   The Best 

その名はTucker

TUCKER IS COMMING


こんな曲目です


1. HAUNTED-HOUSE
2. APEX BLUES
3. SUNNY
4. BLOOD MARY
5. HOLIDAY
6. ROCK THE CASBAH
7. YANAGI
8. APEX BLUES No.2
9. KING ROCK
10. MYSTIC
11. COPACABANA

お勧めは3曲目、こいつで僕は飛ばされました・・・ってか全曲お勧め

この人はかれこれどれくらい前だったか・・・・

ちょうど自分がその頃に聞いていたジャンルにマンネリ感を抱いていた時に

ミュージックTVを見ていたところ、

このTuckerという方がオルガンで演奏していたとこを見たのです!!

その時はもう衝撃で雷が落ちたとはこの事かと思いました

なんとオルガンでむちゃくちゃかっこいい音を作るんです

とにかく若い時の僕にはこの衝撃はすごかったーーーー

同じ気持ちに陥ってくれる人がいると願いこれを見てもらいたい

動画の1分10秒ぐらいから始まる、オルガン演奏

久しぶりに見ても鳥肌が立つ程の音これぞ本物ですね


演奏してるのは、3.曲目のSUNNYです
、見てくださいよ。

調べたら2ndアルバムも出てますね!!

買わなくてわ


一枚目  DVD 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。